Edward's Comments

Edward:  

Being a former graduate of an international school, Upper House Member, Makiyama Hiroe tries her best to stay true to her roots by hiring interns who also graduated from international schools, or has an international background.  Makiyama tries her best to foster an office-like yet teaching environment by accepting college interns and providing them a chance to be part of the numerous facets of Japanese politics.  For many foreigners this is a once in a lifetime opportunity to understand not only the state of politics in Japan, but also to learn more about Japanese people.  She encourages the interns to share her same passion for politics by inviting her interns to various summits and meetings.  Despite being a politician whose schedule is best described as hectic, on a good day, Makiyama still has time to identify and utilize the talent of her interns.    Being a foreigner myself, one of the things I find most frustrating in Japan is my inability to communicate with Japanese people.  Due to my deficiency, I am often disregarded in many job hiring processes.  However, with Makiyamas help, I believe I have found a job for international students whose first language is not Japanese.  
This unique and rewarding internship is held throughout the year and hopefully it will influence other politicians or companies to engender more opportunities for foreigners.
  

元インターナショナルスクールの生徒であるということもあり、参議院議員の牧山ひろえさんは自分のルーツを大事にするべくインターナショナルスクールの卒業生など国際的なバックグラウンドを持つ者をインターンとして雇っている。牧山さんは大学生インターンを雇い、彼らに様々な日本政治に触れるチャンスを与えることでオフィス内での学習的空間作りを心がけている。外国人にとってこのようなインターンは日本の政治を理解し、そして日本人そのものを知ることのできるめったにない機会なのである。牧山さんは自分の政治に対する情熱を共有すべく、インターンにもサミットや会議に出席する機会を設けている。毎日が非常に忙しい政治家ではあるものの、時間のある時、牧山はインターンの才能を見つけ出しそれを生かすような仕事を割り振ってくれる。   自分自身外国人として、日本人と思うようにコミュニケーションが取れないことに日々フラストレーションを感じる。日本語があまり得意ではない故に、雇ってもらえないことが多々ある。しかし、牧山のおかげで、インターナショナルな者でも仕事のできる場を見つけることができた。このようにユニークで働き甲斐のあるインターンシップは一年中設けられており、他の政治家や企業もより積極的に外国人を受け入れてくれることを願おう。

Korean Comments.txt